ムドゥ文化観光グループが緊急救助訓練を実施

公開日時:

2021-06-18 16:25

観光客の健康と生命の安全を守るため、無頭文化旅遊集団は6月18日にドーム山二次ビジターセンターで安全応急処置の知識と技能の訓練を行い、グループ傘下の観光スポットと関連部門の第一線スタッフが参加した。

蘇州赤十字社から救急隊員の王玲氏を招き、講義を行った。 王玲氏はまず参加者に骨折の固定と処理、止血の基礎知識などの救急救命の理論知識を教えた。 その後、参加者はグループ単位で、実際の応急処置の状況を模範の前で熱心に実習し、先生の根気強い指導により、参加者は本当に応急処置の技術を習得した。
今回の研修を通じて、観光地のスタッフに救急救護技術の知識を普及させるだけでなく、安全意識を強化し、スタッフの緊急事態や偶発的な負傷に対処する能力を向上させ、将来的に観光地の大多数の観光客のために旅行安全護衛の仕事を確保する。